採用情報

recruit-info

1日の仕事紹介

■技術営業課(無電柱化事業)の一日
■自然エネルギー課(自然エネルギー事業)の一日
■ソイルソリューション課(土壌汚染コンサルティング事業)の一日

技術営業課(無電柱化事業)の一日

2019年入社
技術営業課 柳川 英里

一日の仕事の流れ

●07:30 出社
・7:40から社内清掃を実施。
●08:00 朝礼
●08:30 業務報告
●08:40 業務開始
・電線事業者と無電柱化協議
・設計図面の作成
・役所等へ提出する書類の作成
●12:00 お昼休憩
・私は行きつけのコンビニで買って来たものを会社で食べています。会社の近所にある飲食店に食べに行っている方もいます。
●13:00 午後の業務開始
・ブログ作成
・営業訪問
・見積作成
・営業アポ電話掛け
・部署や委員会の会議、勉強会
●18:30 退社
※業務内容は流動的です。

入社してから感じたギャップ

他の会社では部署の中でも営業担当や設計担当など分かれていると思いますが、ジオリゾームは部署全員で部署に関する業務を全部行うので配属された部署の業務を隅から隅まで覚え、仕事することができます。

仕事の中身

技術営業課は無電柱化に関する部署です。主に戸建開発の電線類地中化の設計から施工まで独立系で行っています。電線事業者や役所と無電柱化協議を行ったり、設計図面の作成を行ったり、お客様のところへ直接お話を伺いにいくこともあります。また、電話でアポを取り、営業へ出かけたりもします。NPOの活動を通して無電柱化に関連する多くの企業の方々とお会いすることもできます。

この会社を選んだ理由

大学では環境について学んでいました。ジオリゾームは「日本一の環境活性化業」を経営ビジョンにあげています。今まで学んできた環境が活かせる会社で働きたいと思い入社しました。入社前の説明会では、社長や社員の方のアットホームな雰囲気が素敵で絶対この会社に入社しようと思っていました。

大変だったこと

無電柱化とは電柱や電線を埋めること、ぐらいの知識で入社したため、覚えることがいっぱいで覚えていくまでに時間がかかりました。図面を作成するためにCADを使用するのですが、そんなソフト入社して初めて触ったので使いこなすまでにこちらも時間がかかりました。

嬉しかったこと

自分が対応したお客様から「柳川さんの対応が良かったからお願いしました」と言って頂けたことです。一緒にお仕事をした協力会社の方からは「仕事が早くて助かった」と言って頂けて、やる気と自信に繋がりました。

メッセージ

台風や地震などが多い現代で無電柱化は間違いなく、被害、被災者を減らす第一歩になっています。外国に比べて電柱の量がとても多い日本でも、無電柱化を推進する法律ができ、積極的に取り入れる風潮になっています。 そんな無電柱化を専門にして働くことができるのはジオリゾームのみ、やりがいも多くあります!一緒に無電柱化を進めていきましょう!皆様が入社するのをジオリゾームでお待ちしております。

自然エネルギー課(自然エネルギー事業)の一日

2019年入社
自然エネルギー事業課 酒井 夏生
「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚さ」

一日の仕事の流れ

●07:20 出社
・始業前の準備・社内の清掃。
●08:00 朝礼・業務連絡
●08:40 業務開始
・新規問い合わせ案件の見積書作成
・進行中の施工案件などの進捗管理
・案件にかかわる関係各位へ情報共有
・お客様の来社対応
・報告書作成
●12:00 お昼休憩
・会社前の焼肉屋さんでランチ
●13:00 午後の業務開始
・委員会会議
・ブログ執筆
・書類整理
・受注案件の施工日程段取り
・一日の業務報告
●18:00 退社
※業務内容は流動的です。

入社してから感じたギャップ

見た目以上に、社員同士が非常に仲良しで、社内交流が活発!社長との距離感が近い!!

仕事の中身

自然エネルギー事業課とありますが、基本的には太陽光発電の計画から設置までの全工程の管理、またそれらに関するコンサルティング業務が主な仕事です。

この会社を選んだ理由

環境問題に対する意識が強く、日本一の環境活性化企業を一緒に目指してみたいと思いました!

大変だったこと

電気はおろか、エネルギーに関する知識が全くなかったので、一から覚えていくのに苦労しましたが、学ぶことは好きだったので知らないことを知れて楽しかったですね。

嬉しかったこと

初案件での施工完了時にお客様から、「酒井さんに仕事をお願いしてよかった」と直接言っていただけたことです。

メッセージ

小規模な企業ということで一見地味だと感じる方も多いかもしれませんが、小さな企業だからこそ、一人一人が主戦力となって様々な仕事を行えるのが、魅力の一つともいえると思います。 もちろん楽しいことばかりではありませんが、どの仕事をとっても非常にやりがいのあるものばかりです。
皆さんも、私たちとともに、やりがいのある仕事をしてみませんか?

ソイルソリューション課(土壌汚染コンサルティング事業)の一日

2019年入社
ソイルソリューション課 鈴木 和子
〇2019年「最優秀新人賞」受賞

一日の仕事の流れ

●07:30 出社→メール・回覧板の確認、一日の業務内容確認
●07:40 掃除
●08:00 朝礼
●08:30 部署内での業務報告→前日の報告と予定を共有。ここでアドバイス等をもらうことも。
●09:00 業務開始
・お客様訪問
・図面・見積作成、見積提出後の進捗確認
・問合せ対応
●12:00 お昼休憩
・お昼ごはんは基本的には近くのコンビニで購入。東陽町周辺はお店が様々にあるので、社内の方々とごはんに行きます!
●13:00 午後の業務開始
・見積提出
・訪問アポ取り
・部署会議
・問合せ対応
・現場準備、協力企業への日程確認・確保
●17:30 回覧板で業務報告→退社
(現場の場合、18時から19時の間に帰社、片付け後進捗管理等を行い、業務報告を送信して退社)
※業務内容は流動的です。

入社してから感じたギャップ

・時間管理も仕事のうちで、いかに時間内に効率よく行うかを考えながら行わなければならない。
・当たり前だが、自分よりも年上の方とお会いする機会が多いので、丁寧な対応をしつつもどう信頼と親密性を持ってもらうかが難しい。
・電話対応の大変さ

仕事の中身

営業や簡単な設計、工程設計、現場管理を原則一人で行います!お客様の問題を解決するコンサルティング業務です。

この会社を選んだ理由

元々環境関連の業種に興味があったことと、大学の授業で土壌の簡易調査や分析を行い大変興味を持ったことから選びました。また、社内の雰囲気が温かでよいとも思いました。

大変だったこと

見慣れない言葉や、土壌汚染に関する法令等を把握した上での調査設計をする際にどんな根拠があっての調査なのかの落とし込みが大変です。

嬉しかったこと

はじめて受注したこと。まわりの先輩方に助けて頂きながらでしたが1つ自分が案件を持てたことがうれしかったです。

メッセージ

土壌汚染調査という法令が関わってくる重要で難しい分野で、同じ相談は一つもないので様々な考え方が必要で毎日目まぐるしいですが自分の成長が身近に感じられます。
専門的な知識が必要ですが、一番はお客様の困っていることを寄り添った形で解決することが大切だと感じています。最初はなかなかうまくいかないことも多いですが、社内ですぐに相談できる環境なので毎日充実しています。
積極的に何かに取り組んでいくことを今まで以上に知ることのできる会社だと思いますので、皆様お待ちしております!